松山市消防協会松山市消防協会

みんなの消防フェスタ 2015

日時:平成27年11月23日(月・祝)10時〜16時
会場:松山市コミュニティセンター

【目的】

 近年の火災や地震をはじめとする災害は、社会環境の変化に伴い複雑多様化され災害による被害を最小限に抑えるためには行政の役割に加え住民一人ひとりの防災対策の実践とともに、住民と地域の消防団・女性防火クラブ・自主防災組織・事業所等が相互に協力し合える地域ぐるみの防災対策づくりに取り組んでいく必要があります。このことから、広く市民に防火・防災について関心を深めてもらい安全で安心して暮らせる地域社会の実現を目指すことを目的にこのフェスタを開催しています。

みんなの消防フェスタ2015_01

〜 オープニングセレモニー 〜
松山市消防団音楽隊による演奏♪

みんなの消防フェスタ2015_02

みんなの消防フェスタ2015_03

☆救急講習コーナー☆
女性消防団&大学生防災サポーターによる救命講習

みんなの消防フェスタ2015_04

☆ロープ渡りコーナー☆

みんなの消防フェスタ2015_05

☆消火体験コーナー☆

みんなの消防フェスタ2015_06

みんなの消防フェスタ2015_07

みんなの消防フェスタ2015_08

みんなの消防フェスタ2015_09

☆スーパーレスキュー隊装備装着訓練展示☆

みんなの消防フェスタ2015_10

☆子どもによる~ロープ登はん訓練☆

みんなの消防フェスタ2015_11

☆災害救助犬訓練披露☆

みんなの消防フェスタ2015_12

みんなの消防フェスタ2015_13

☆女性分団水軍太鼓サークル『媛鼓連』による演奏☆
当日の天気が心配でしたが・・・
安心してください♪雨は降りませんでしたよ(*^_^*)

みんなの消防フェスタ2015_10

みんなの消防フェスタ2015_11

松山市総合防災訓練

日時:平成27年11月7日(土)9時〜12時
会場:松山市北梅本町 陸上自衛隊 松山駐屯地 小野訓練場

【目的】
 平成25年度に県が発表した、南海トラフにおける巨大地震の被害発生状況を想定し、地域住民と防災機関が連携して、効果的な初動対応や応急対策が行えるように、また防災体制の強化と災害対応技術の向上、並びに、市民の防災意識の高揚と防災行動力の向上を目指して実施するものです。
【訓練想定】
南海トラフを震源とするマグニチュード9.0の巨大地震が発生し、松山市内で震度7を観測、甚大な被害が発生したとの想定で実施しています。

2015年松山市総合防災訓練01

バケツリレーでの初期消火訓練

2015年松山市総合防災訓練02

2015年松山市総合防災訓練03

自主防災組織&消防団による救出訓練

2015年松山市総合防災訓練04

女性団員による手話

2015年松山市総合防災訓練05

消防団赤バイ隊&ファイヤーポストマンチームによる情報収集活動

2015年松山市総合防災訓練06

倒壊建物からの救出訓練&火災発生による消化・救助訓練

2015年松山市総合防災訓練07

起動重機消防団

2015年松山市総合防災訓練08

愛媛県広域緊急援助隊救出訓練
→陸上自衛隊搬送支援訓練

2015年松山市総合防災訓練09

2015年松山市総合防災訓練10

ライフライン復旧訓練

2015年松山市総合防災訓練11

車両除去訓練

2015年松山市総合防災訓練12

仮設トイレの設置訓練

2015年松山市総合防災訓練13

エアーテント内でのトリアージ訓練

2015年松山市総合防災訓練14

緊急避難所内での救命講習

2015年松山市総合防災訓練15

大学生防災サポーターによる緊急支援物資の搬送

2015年松山市総合防災訓練16

女性分団による飲料水供給訓練

2015年松山市総合防災訓練17

南消防署後藤署長
終了報告

2015年松山市総合防災訓練18

野志 克仁
松山市長

2015年松山市総合防災訓練19

小野地区 自主防災組織連合会
仙波会長

2015年松山市総合防災訓練17

 晴れの中、地域の皆さんと防災機関が協力して行われた、平成27年度松山市総合防災訓練は、それぞれの心に何かしら得るものがあったと思います。ご参加いただいた皆様、本当にお疲れ様でした(^_–)-☆

全国女性消防団員活性化 佐賀大会

日時:平成27年10月29日(木)~30日(金)
会場:佐賀市文化会館

全国女性消防団員活性化 佐賀大会01

全国女性消防団員活性化 佐賀大会02

全国女性消防団員活性化大会とは・・・
「全国の女性消防団員が一堂に集い、情報を交換し、交流することにより、消防団活動を一層活性化させ、地域防災力の向上に貢献することを目的に開催されています。」

全国女性消防団員活性化 佐賀大会03

今大会には、松山市消防団 井戸団長、大西警防部長、女性分団から髙橋分団長ほか4名と随行職員1名の総勢8名が参加しました。

全国女性消防団員活性化 佐賀大会04

大会旗入場!
いよいよ佐賀大会開会!!

全国女性消防団員活性化 佐賀大会05

「パネルディスカッション」
コーディネーター
(公財)日本消防協会 会長 秋本 敏文氏
パネリスト
 神戸大学名誉教授・消防審議会会長 室﨑 益輝氏
 弘前市消防団  藤田 礼美氏
 田園調布消防団 髙橋 春美氏
 松江市消防団  山田 弘子氏
 伊万里市消防団 宮﨑 紀子氏

 

テーマ「地域防災力強化と女性消防団員の役割」
それぞれの地域で頑張っている団員さんの話は大変興味深く、聞き入ってしまいました。女性団員の活動は幅広く地域性によっても変わってきますが、団員一人一人が熱心に活動することで地域防災力強化に貢献できるのだと感じることができた、素晴らしいパネルディスカッションでした。

「活動報告」

大ホール
○福岡県北九州市小倉南消防団 火災予防啓発劇
 「子守じぞうさま」
○奈良県奈良市消防団 活動事例発表
 「心理的応急処置(PFA)習得と消防団を中核とした合同訓練について」

全国女性消防団員活性化 佐賀大会06

全国女性消防団員活性化 佐賀大会07

私たち松山市消防団は、大ホールだったのでこの二つの消防団の発表を間近で見て写真撮影することができました。どちらの活動報告も新鮮でした。熟練された人形劇は子ども向けとは言え、いつの間にか引き込まれ、火の用心!!大切!と改めて感じました。心理的応急処置(PFA)の内容は昨年実施された訓練を主に構成されており、実際に昨年の訓練に松山市消防団から女性分団分団長が参加しており、内容も聞いていたので、今回の活動報告でさらに内容への理解が深まりました。

中ホール
○茨城県土浦市消防団 活動事例発表
 「小中学校における救急講習会」    
○佐賀県多久市消防団 活動事例発表
 「女性消防団出動!~火災現場から見えてきたもの~」

中ホールの発表は、スクリーンで拝見しました。どちらも女性ならではの優しさに溢れた活動報告でした。
小中学生に救命講習を実施することはとても意義があり、子どものうちに救命の知識・経験ができることは素晴らしいことだと再認識できました。火災現場で戸惑いながらも、被災された方に寄り添う姿勢に感銘を受けました。
今回、このように素晴らしい活動報告を拝見でき、私自身、消防団員としてますます頑張らなければ!!
という気持ちになりました。ありがとうございました。

全国女性消防団員活性化 佐賀大会08

大会の最後は会場全体で
♪花は咲く♪を大合唱!なぜか涙が・・・

全国女性消防団員活性化 佐賀大会09

平成28年は・・・北海道大会です!!

展示コーナーに参戦!!!

全国女性消防団員活性化 佐賀大会10

全国女性消防団員活性化 佐賀大会11

佐賀市消防団北部方面隊 大和支団女性部
部長 野田邦子さま
御協力ありがとうございました☆

全国女性消防団員活性化 佐賀大会12

松山市消防団の展示は大盛況でした!
全国のみなさん、ありがとうございました!

全国女性消防団員活性化 佐賀大会13

鹿児島県 出水市消防団の展示コーナーでこんなTシャツ見つけました!
分かりやすい!

全国女性消防団員活性化 佐賀大会14

お弁当美味しかった♪
器がそのまま記念品に♪♪

全国女性消防団員活性化 佐賀大会15

佐賀市消防団南部方面隊
東与賀支団 本部分団女性部
団員 横尾愛子さま
会場案内ありがとうございました☆

全国女性消防団員活性化 佐賀大会16

実り多い佐賀大会でした。みなさんありがとうございました。
消防団活動頑張りましょうね〜!!!

陸上自衛隊松山駐屯地 創立60周年記念行事
~松山市消防団も参加~

日時:平成27年10月4日(日)9:00~16:00
場所:陸上自衛隊松山駐屯地(松山市南梅本町乙115)

 10月4日(日)松山市南梅本町の陸上自衛隊松山駐屯地において、陸上自衛隊松山駐屯地創立60周年記念行事があり、松山市消防団音楽隊(大学生団員)は駐屯地や県警の各音楽隊・愛媛交響吹奏楽団と共演し、記念行事に華を添えました。また、松山南消防署と松山市消防団の小野分団が自衛隊と共同での災害対応訓練に参加しました。

陸上自衛隊松山駐屯地創立60周年記念行事01

陸上自衛隊松山駐屯地創立60周年記念行事02

演奏の共演では
「花は咲く」など4曲を披露しました。
各楽団の指揮者が交代で登場し、松山市消防団音楽隊も大学生ながら堂々の指揮と演奏を披露し、大きな拍手に包まれました。大役お疲れさまでした。
(*^_^*)♪

災害対応訓練では
松山南消防署と松山市消防団 第六方面隊 小野分団が消火活動訓練を実施。その後の車両内に閉じ込められた負傷者の救出訓練では、自衛隊との連携を確認しました。
きびきびとした訓練披露に会場からは盛んに拍手が送られていました。

陸上自衛隊松山駐屯地創立60周年記念行事03

平成27年度 松山市消防団自動二輪車指導教育訓練

日時:平成27年9月23日(水・祝)10:00~12:00
場所:愛媛県運転免許センター

 今回で赤バイ講習会も12回目を迎えました。これまでに赤バイ隊の 災害出動はありませんでした。しかし近い将来、発生が危惧されている 未曾有の大災害発生時には、赤バイ隊の機動力は非常に重要なものとなります。その責任と誇りを持ってこの訓練が有意義になるよう、そして 少しでも多くの知識・技能を身につけ今後の消防団活動に役立てていきます。

平成27年度松山市消防団自動二輪車指導教育訓練01

平成27年度松山市消防団自動二輪車指導教育訓練02

 今回の訓練は愛媛県警察本部 交通課 交通機動隊 中予方面隊長 岡村警部・西本巡査長指導の下、赤バイ隊員14名参加での訓練となりました。
 身体を運転に適した状態に保つことが防衛運転の基本であることを理解させる準備運動から始まり、自らが五感作用を使い点検を実施することにより車両に対する安心感を保持するための点検、自動二輪車と身体のウォーミングアップのための慣熟走行、応用走行、緊急走行を実施しました。

平成27年度松山市消防団自動二輪車指導教育訓練03

走行前の点検

平成27年度松山市消防団自動二輪車指導教育訓練04

完熟走行

平成27年度松山市消防団自動二輪車指導教育訓練05

応用走行

平成27年度松山市消防団自動二輪車指導教育訓練06

スピード計測器使用での急制動

平成27年度松山市消防団自動二輪車指導教育訓練07

平成27年度松山市消防団自動二輪車指導教育訓練08

緊急走行

平成27年度松山市消防団自動二輪車指導教育訓練09

華麗な走りの西本巡査長♪

平成27年度松山市消防団自動二輪車指導教育訓練10

平成27年度松山市消防団自動二輪車指導教育訓練11

中予支部女性団員体力練成大会

日時:平成27年9月19日(土)13:30~16:30
場所:松山市総合コミュニティセンター

 久万高原町・東温市・砥部町・松前町・伊予市・松山市の女性団員が集結し体力練成大会(レクバレー)が開催されました。中予支部の女性団員の体力向上はもちろん、市町を越えて交流することを目的に実施されています。今年は、松山市が会場となり白熱した試合が展開されました。

中予支部女性団員体力練成大会01

中予支部女性団員体力練成大会02

あいさつ
(公財)愛媛県消防協会 中予支部長
井戸 善昭
(松山市消防団 団長)

中予支部女性団員体力練成大会03

選手宣誓
松山市消防団 女性分団 部長 田中 和恵
「楽しい慰労会のために頑張ります!!」

中予支部女性団員体力練成大会04

中予支部女性団員体力練成大会05

優勝は・・・松前町消防団でした!
松山市消防団は、6チーム中・・・5位・・・
来年こそは!!!
関係者の皆さま、お疲れさまでした(*^_^*)

中予支部女性団員体力練成大会06

まつやま救急フェア2015

日時:平成27年9月6日(土)11:00~15:00
場所:松山市まちなか子育て・市民交流センター「てるくん」

 毎年9月9日を「救急の日」とし、この日を含む一週間(9月6日~12日まで)を「救急医療週間」と定め、全国各地で救急業務の普及啓発や応急手当の講習会などの救急に関するさまざまな行事が実施されます。
 松山市においても、市民の皆様に救急医療や救急業務についての理解を深めていただくことを目的に、「まつやま救急フェア2015」を開催しました。

内容
○心肺蘇生法・AED実技体験コーナー
○救急資器材の展示
○健康測定コーナー
○記念写真撮影(缶バッジにしてプレゼント)
○広報資料(救急車適正利用等の啓発ポスター・チラシ)の配布
○はっぴーカバー君登場!!

まつやま救急フェア2015_01

まつやま救急フェア2015_02

健康測定コーナー大盛況!!

みなさんとても熱心でした

まつやま救急フェア2015_03

まつやま救急フェア2015_04

まつやま救急フェア2015_05

保健師のみなさんの優しい笑顔に来場者も癒やされていました!

まつやま救急フェア2015_06

缶バッジ!大好評!!

救急車の適正利用にご協力を!!
はっぴーカバーくんからの
お・ね・が・い❤❤❤

まつやま救急フェア2015_07

平成27年度 少年消防クラブ 「一日消防学校」

日時:平成27年8月1日(土)9:00~14:00
場所:松山市立 番町小学校

 この「一日消防学校」は、市内小学校の少年消防クラブ員が防火・防災について体験・学習することで、日ごろの学校生活及び日常生活において、自ら進んで火災予防や防災対策に取り組み、身に付けた技術と知識をもとに、他の児童へ指導ができるようなクラブ員の育成を目的として、実施されました。

内容
・オリエンテーション
・消防の紹介
・災害について講義(火災・地震等)
・応急担架の作成・搬送
・消火器使用法
・ホース延長要領
・ロープ結索
・非常食(アルファ米)試食
・チーム対抗リレー
・優秀チームの表彰
・修了証の交付

今回は、市内24小学校の少年消防クラブ員122人(4~6年生)が参加し、講師をつとめた消防職員・女性団員・大学生団員の熱い指導に負けないパワーで、猛暑日にも関わらず最後まで元気に頑張りました。

少年消防クラブ 「一日消防学校」01

少年消防クラブ 「一日消防学校」02

消火器使用法

少年消防クラブ 「一日消防学校」03

応急担架作成・搬送

少年消防クラブ 「一日消防学校」04

ホース延長要領

少年消防クラブ 「一日消防学校」05

ロープ結索

消防大運動会 ☆チーム対抗リレー☆

 リレーではホースの筒先をバトンとして使用しています。これだけでも重いです!みんなファイト!!

少年消防クラブ 「一日消防学校」06

少年消防クラブ 「一日消防学校」07

第一走者
バトンを肩にホースを持ってスタート!ホースで的を倒します!!
上手い!!!

第二走者
バトンを受け取り、消火器を使って3つの的に命中させます!正確に!!

少年消防クラブ 「一日消防学校」08

少年消防クラブ 「一日消防学校」09

少年消防クラブ 「一日消防学校」10

第三走者
障害物を越え、ロープ結索に挑みます!審査員の目が厳しい!
落ち着いて!!

第四走者
バトンの筒先と、更に重い道具を持ち激走!
仲間のもとへ急げ!!

少年消防クラブ 「一日消防学校」11

第五走者
仲間が運んでくれたバトンと道具にホースを連結!
ゴール目指して仲間と一緒に激走!!!

少年消防クラブ 「一日消防学校」12

少年消防クラブ 「一日消防学校」13

 暑い・熱い「一日消防学校」が、参加してくれた少年消防クラブ員の皆さんの防火・防災について考えるきっかけになることを願っています。

上級救命講習会エール

少年消防クラブ 「一日消防学校」14

少年消防クラブ 「一日消防学校」15

少年消防クラブ 「一日消防学校」16

少年消防クラブ 「一日消防学校」17

少年消防クラブ 「一日消防学校」18

少年消防クラブ 「一日消防学校」19

非常食試食・・・みんなで食べると美味しかった(^o^)

少年消防クラブ 「一日消防学校」20

少年消防クラブ 「一日消防学校」21

少年消防クラブ 「一日消防学校」22

少年消防クラブ 「一日消防学校」23

少年消防クラブ 「一日消防学校」24

少年消防クラブ 「一日消防学校」25

少年消防クラブ員
本当に元気いっぱいでした!!
夏休みの宿題もその元気で!
(*^_^*)

上級救命講習会 

日時:平成27年7月18日(土)9:00~17:00
場所:合同庁舎6階 大会議室

女性団員・大学生防災サポーターを中心に51名が上級救命講習を受講しました。今回の講習は指導員の資格を取得するための第一歩として開催され、受講者は知識・技術の習得を目指し熱心に取り組んでいました。

上級救命講習会1

午前

 救命の連鎖一次救命処置の意義・心肺蘇生法・AED使用方法など

上級救命講習会2

上級救命講習会3

上級救命講習会4

午後

 包帯法:三角巾の取扱い要領、体位管理、保温、搬送法(人手のみ・棒担架・棒と毛布担架)など

上級救命講習会5

上級救命講習会6

上級救命講習会エール

上級救命講習会8

上級救命講習会エール

上級救命講習会9

土砂災害対応合同訓練 中央消防署・消防団機動重機部隊

日時:平成27年6月28日(日)10:30~11:00
場所:愛媛県消防学校 大規模訓練場(勝岡町1163番地)

土砂災害対応合同訓練

 今回の訓練は、近年、日本各地で大規模な土砂災害が頻発し、今後、気候変動の影響により、土砂災害の危険性がますます高まると予想されていることから、消防団(機動重機部隊)及び中央消防署が合同訓練を実施し、土砂災害現場における消防団と常備消防の連携力強化と救助活動能力の向上を図ることを目的として、実施しました。

訓練想定
梅雨前線活発化に伴う集中豪雨により広範囲でがけ崩れが発生。
家屋や車両等が土砂に巻き込まれ、要救助者3名との情報。
中央消防署及び松山市消防団第一方面隊並びに機動重機部隊が連携し、救助活動を展開する。

土砂災害対応合同訓練

訓練内容
土砂災害による要救助者の人命探査及び救出訓練
(1)土砂による埋没者救出現場
(2)埋没家屋からの救出現場
(3)埋没車両からの救出現場

土砂災害対応合同訓練

土砂災害対応合同訓練

土砂災害対応合同訓練

土砂災害対応合同訓練

大学生防災サポーターに認証状が交付されました

 平成27年6月24日松山市長から大学生防災サポーター(5名)に認証状が交付されました。
 交付式には3名が出席し、消防団活動で習得した知識・技術を今後も生かしていきたいと意気込んでいました。

大学生防災サポーターに認証状が交付されました

向かって左から、愛媛大4年 小山佳苗さん、東雲女子大4年 高松彩花さん、松山大4年 村上正尚さん

平成27年6月24日 交付者(5名)

松山大学  4年生 村上 正尚さん
東雲女子大 4年生 高松 彩花さん
愛媛大学  4年生 小山 佳苗さん
愛媛大学  4年生 松本 実穂さん
愛媛大学  4年生 川本  茜さん

松山市消防団 新玉分団 分団長・部長 in 松山市立 新玉小学校
~自分たちの地域は自分たちで守る!子どもたちに届けたいこの思い~

平成27年6月23日(火)

松山市消防団 新玉分団 分団長・部長 in 松山市立 新玉小学校

新玉分団 分団長:中岡 実  新玉分団 部長:池田 善嗣

今回、新玉小学校4年生の社会科学習の一つとして、授業で松山市消防団 新玉分団 分団長・部長の2名が消防団活動の歴史や活動の講話を行いました。

〇参加児童:新玉小学校 4年生 88名
〇講師
 松山市消防団 新玉分団 分団長:中岡 実
 松山市消防団 新玉分団 部 長:池田 善嗣

「住民の命と財産を守るのが消防団の第一の使命です!」

「消防団のルーツは江戸時代の町火消し」

「地域で愛される消防団員を目指して、地域行事にも参加して私たちの新玉分団は頑張っています!」

松山市消防団 新玉分団 分団長・部長 in 松山市立 新玉小学校

松山市消防団 新玉分団 分団長・部長 in 松山市立 新玉小学校

松山市消防団 新玉分団 分団長・部長 in 松山市立 新玉小学校

 講話を行った教室には、今年6月からの松山市消防局や消防団消防ポンプ蔵置所見学の経験をまとめた物が、張り出されていました。日頃、自分たちの地域のために活動している消防団員のことを知った子どもたちは、自分たちの地域を今まで以上に好きになってくれたのではないでしょうか・・・
 「自分たちの地域は自分たちで守る!」そのためには、まず自分を守ることが大切です。
 今回、中岡分団長と池田部長の、強さと優しさを兼ね備えた消防団員としての心意気を感じ取ってくれた子どもたち・・・何年後かに消防団員になっていたりして・・・(*^_^*)

平成27年度 松山市消防団員教育訓練会

平成27年6月14日(日)10:10~15:00
中島総合文化センター2階会議室ほか

平成27年度 松山市消防団員教育訓練会

松山市消防団の第1方面隊~第8方面隊は、5月31日に訓練を実施しており、今回は第9方面隊のみの訓練です。第9方面隊は、島しょ部であるため常備消防が配置されておらず、市民からは消防団への期待が大きく救急車要請時には、西消防署に配備されている救急艇「はやぶさ」到着を待ってからの救急搬送となるため、団員一人一人の応急手当技術向上訓練も実施しました。

 西消防署職員から
 〇松山市における離島救急体制
 ・消防救急艇隊体制・「はやぶさ」設備
 ・各港までの航路・平均所要時間(覚知~現場到着)など
 〇安全管理について・・・火災について・搬送方法など
 その他、消防団員として必要な知識を身に付けるための座学が実施されました。

平成27年度 松山市消防団員教育訓練会

平成27年度 松山市消防団員教育訓練会

 応急手当技術向上訓練では、指導員の女性団員5名から心肺蘇生法・AEDなどについて指導を受けました。

平成27年度 松山市消防団員教育訓練会

平成27年度 松山市消防団員教育訓練会

平成27年度 松山市消防団員教育訓練会

 救急艇が配備されたといっても、松山市内であれば救急車の現場到着時間は現在、平均約8分と言われていますが、島しょ部では一番近い興居島でも早くて港到着に20分、津和地島・怒和島では45分となっています。
 消防団員としての知識・技術の向上が市民の安全・安心に直結している第9方面隊!一日を通して熱気溢れる教育訓練会となりました。

今回の訓練で、期待の新入団員さんを発見!
詳しくは、「団員ピックアップ」をご覧ください!!
「女性分団活動日記」も是非!

女性分団・大学生防災サポーター教育訓練会

平成27年6月7日(日)9:00〜12:00
松山市西消防署 4階講堂

訓練内容

●分団長挨拶 女性分団分団長
髙橋 眞由美
●消防団概要説明 地域防災課
重信 陽一
●規律訓練 松山市西消防署職員
●「救命講習について」 西消防署
湯上 和幸
●「大学生サポーターを経て」 東消防署
髙谷 鎮晃
●ディスカッション 岩崎沙耶・大崎有依・久保紘子
女性分団副分団長 関家 真澄

女性分団・大学生防災サポーター教育訓練会

規律訓練

女性分団・大学生防災サポーター教育訓練会

女性分団・大学生防災サポーター教育訓練会

救命講習について

☆「救命講習について」
西消防署 消防士長  湯上 和幸

 平成6年に市民の10%が応急手当てが実施できることを目的に始まった救命講習も平成26年には、約26万人の受講者数に達しており、今後益々救命講習の充実を図るうえで、指導方法も個人差はありますが、一緒に指導にあたる女性団員、大学生防災サポーターと意見交換し、よりレベルアップした指導につなげたいと語られ、団員一同身の引き締まる思いでした。

女性分団・大学生防災サポーター教育訓練会

大学生サポーターを経て

女性分団・大学生防災サポーター教育訓練会

☆「大学生防災サポーターを経て」 
東消防署 消防副士長   髙谷 鎮晃

 小学生の頃からの夢を叶え、現在東署で救助隊員として活躍している高谷さんが自身の経験から大学生防災サポーターの意義や消防の仕事を分かりやすく解説してくれました。大学生も熱心に聞き入っていました。

ディスカッション

 今回は、コーディネート役の関家副分団長を中心に、大学生防災サポーターを経験して女性分団員になった三名が経験談を語ってくれました。

女性分団・大学生防災サポーター教育訓練会

 在学中は、大学生防災サポーターとして様々な消防活動に参加して自分を磨き、自信と人との繋がりを得ました。そしてその経験は卒業後、女性団員として活動する中で 生かされている事も、先輩として率直に話してくれました。
 その貴重な意見やアドバイスは、後輩の現役サポーターと女性団員の心にも響きました。

 今回訓練に参加した大学生防災サポーターの詳しい様子は団員ピックアップをクリックしてみてね♪♪♪

平成27年度松山市消防団員教育訓練及び水防説明会

平成27年5月31日(日)9:00〜16:30
防災センター5階 救命講習室ほか

○新任団員研修会 9:00~12:00
対象者:過去3年以内に入団した新任団員で
    この研修未受講者
内 容:消防団員について座学・
    規律訓練ほか

平成27年度松山市消防団員教育訓練及び水防説明会

 毎年実施しているこの訓練会で、新任団員は団員としての役割・責任・技術などを学び、団員としての誇りを胸に、「自分たちのまちは自分たちで守る!」との決意を新たにしていました。

平成27年度松山市消防団員教育訓練及び水防説明会

平成27年度松山市消防団員教育訓練及び水防説明会

平成27年度松山市消防団員教育訓練及び水防説明会

平成27年度松山市消防団員教育訓練及び水防説明会

〇幹部教育訓練会 13:00~16:30
 対象者:班長以上の幹部及び聴講希望者(新任者も可)
 内 容:消防団を取り巻く現状・法律など

平成27年度松山市消防団員教育訓練及び水防説明会

平成27年度松山市消防団員教育訓練及び水防説明会

平成27年度松山市消防団員教育訓練及び水防説明会

松山市消防団、活動服が一新しました!現在は副団長以上に貸与されています。とっても格好いいです!!!

「松山市消防団協力事業所表示証」交付式

平成27年5月29日(金)13:00〜13:30
松山市保健所・消防合同庁舎

 日頃から就業時間内の消防団員の出動や訓練参加にご理解いただき、消防団活動に貢献していただいている4事業所に協力事業所表示証を交付しました。
 平成19年、消防と事業所の連携強化で地域防災体制を充実させようと始まった表示証交付は今回で40事業所となりました。

表示証交付の事業所

消防団協力事業所表示証

「消防団協力事業所表示証」

 消防団員確保や消防団活動に、積極的にご協力いただいている市内の事業所・団体を「消防団協力事業所」に認定し、協力の証として表示証を交付しています。

表示証交付の事業所

宮前分団消防ポンプ蔵置所落成式

平成27年5月23日(土)16:00~16:30

 宮前分団消防ポンプ蔵置所は古三津1丁目に建設されていましたが、住宅密集地の狭い道路に面していたほか、旧耐震基準の建物であったことから、大規模災害時の消防団活動に支障をきたす恐れがあり、このたび移転し通常の1.25倍の強度を持ったものに建て替えられました。

宮前分団ポンプ蔵置所

シャッターデザインをしてくださった皆さんに感謝状を贈呈しました。

宮前小学校6年
髙木 まどかさん・山下 夏奈さん・檜垣 菜緒さん・
若江 愛彩さん・新浦 妃菜さん

高浜分団ポンプ蔵置所

水害や高潮などの際、いち早く水防活動が展開できるよう、土のう用の真砂土の保管場所も確保しています。

 自分たちのまちを守るため、新しくなった活動拠点を活かして消防団活動頑張ります!!

高浜分団消防ポンプ蔵置所落成式

平成27年5月23日(土)15:00~15:30

 高浜分団はこれまで、高浜蔵置所・港山蔵置所の2か所を活動拠点としていましたが、これらが旧耐震基準の建物であることから、発生が危惧される南海トラフを震源とする巨大地震への備えを万全にするため、今回2か所の蔵置所を統合して高台に移転、更に通常の建物よりも、1.25倍の強度を持たせた建物に新築しました。

高浜分団ポンプ蔵置所

高浜分団ポンプ蔵置所

高浜分団ポンプ蔵置所

シャッターデザインをしてくださった、高浜中学校3年 竹内 惠都さんに感謝状を贈呈しました。

平成27年度 松山市水防工法訓練

日時:平成27年5月17日(日)10:00〜12:00 石手川緑地 樽味上地区

 今年度の水防工法訓練は、松山市消防団から第3・第4方面隊が参加し、自主防災組織からは桑原地区自主防災組織連合会が参加しました。水防工法訓練は、消防団員や自主防災組織連合会及び松山市職員が出水期を前に水防技術の向上を目的に実施するものです。

訓練内容

(1)準備工
 ロープワーク・土のう作り

(2)水防工法訓練
 ①先掘対策:シート張り工法
 ②漏水対策:月ノ輪工法
 ③越水対策:積土のう工法
      :改良積土のう工法
       (Ⅱ型 都市型)

開始報告

開始報告

準備工

ロープワーク

ロープワーク

土のう作り

土のう作り

 

先掘対策

シート張り工法

シート張り工法

漏水対策

月ノ輪工法

月ノ輪工法

越水対策

積土のう工法

積土のう工法

改良積土のう工法(Ⅱ型 都市型)

改良積土のう工法(Ⅱ型 都市型)

 訓練に参加した消防団員は、もしもの事態に備え水防工法技術の習得に汗を流しました。日頃の火災訓練と合わせて、自分たちのまちを守るため、消防団員!頑張っています!!

素鵞分団立花消防ポンプ蔵置所落成式・耐震性貯水槽寄贈記念式典

日時:平成27年4月12日(日)14:30〜15:00

 素鵞分団立花消防ポンプ蔵置所落成・耐震性貯水槽寄贈記念式典が実施されました。

あいさつ野志市長

素鵞小学校6年 髙橋 里奈さん

シャッターデザインをしてくださった素鵞小学校6年 髙橋 里奈さんに、感謝状を贈呈しました。

(株)小笠原工業所 代表取締役社長 小笠原 英之様

耐震性貯水槽を寄贈いただいた(株)小笠原工業所 代表取締役社長 小笠原 英之様に、感謝状を贈呈しました。

素鵞分団立花消防ポンプ蔵置所

建物は鉄筋コンクリート造2階建
1階:分団車庫(ポンプ自動車1台、資材倉庫)
2階:分団待機室

「活用プラン」
☆火災発生時の消火用水
☆渇水時や延焼拡大時の水槽車等への補給水利
☆密集地設置による消防団等の直接使用水利
☆避難者等の生活用水

耐震性貯水槽

 

正岡分団高田消防ポンプ蔵置所落成式

日時:平成27年4月5日(日)13:30〜14:00

 正岡分団高田消防ポンプ蔵置所落成式が実施されました。
 正岡分団高田消防ポンプ蔵置所は昭和58年に院内川南側の市道に面して建設されていましたが、市道を拡幅することに伴って、取り壊さなければならなくなったことから、地元の皆様のご協力を得て、高田集会所に隣接する場所に移転新築し、本日の落成式を迎えました。

正岡分団高田消防ポンプ蔵置所集合写真

野志市長あいさつ

正岡分団高田消防ポンプ蔵置所外観

この建物は通常の建物と比べ耐震強度を1.25倍強く設計しており、構造は鉄骨造平屋建て、従来、消防自動車の車庫だけであったものに加えて、災害時等の待機室を新たに設けました。